ガールズファンタスティックメモリー!

女の子に生まれたんだから、思いっきりたのしもう!

【秋の贅沢、美味しい呑み方】日本酒「ひやおろし」で月夜の晩酌いかがでしょうか?

スポンサードリンク

f:id:miharhumba:20180905120815p:plain

日本酒は年中飲めるお酒の一つとして親しまれていますが、9月~11月頃に出荷される日本酒「ひやおろし」の存在を知っていますか?

ひやおろしは程よく熟成されているため、この時期は呑兵衛のみなさんが特にチェックするポイントになっているようです。

食欲の秋とも言われるこの季節に飲み頃の日本酒を味わう・・・日本人に生まれてよかった!と思う瞬間ですよね。  

ひやおろしとは?

f:id:miharhumba:20180905122556j:plain

「ひやおろし」とは江戸の昔、冬にしぼられた新酒が劣化しないよう春先に火入れ(加熱殺菌)した上で大桶に貯蔵し、ひと夏を超して外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、2度目の加熱殺菌をしない「冷や」のまま、大桶から樽に「卸(おろ)して」出荷したことからこう呼ばれ、秋の酒として珍重されてきました。

日本酒名門酒会より 近年では「ひやおろし」の定義を「厳寒期に醸造した清酒を一夏越して調熟させ、秋口に入ってほどよい熟成状態で出荷するもの」としています。

また、秋上がりというラベルが貼られているものもありますが、ひやおろしと同じ定義を持っており、秋になって品質が向上したという意味から「秋上がり」と呼ばれているそうです。

3種類のひやおろし

f:id:miharhumba:20180905122156j:plain

ひやおろしと一言で言っても、早く熟成するものもあれば、時間をかけて熟成する遅咲きのひやおろしまであります。

11月までのこの3カ月に大きく分けて3つの種類のひやおろしが出回ります。

・夏越し酒

9月に出回るひやおろしには「夏越し酒(なごしざけ)」とラベルが貼られていることがあります。

ひと夏を過ごし、秋らしい涼しい風が吹き始めた時期に出回ることから「夏越し酒」となったそうです。

味の特徴としては苦味、渋味がやわらぎ、濃厚な中にも軽快さとまろやかさを合わせ持っています。

「THEひやおろし」の始まりを表すジャンルです。

また、9月はまだ夏の生酒が楽しめる時期なので、ひやおろしと差別化するために「夏の生酒」をあえて「夏越し酒」と紹介する酒屋さんもあるみたいですよ。

 

・秋出し一番酒

紅葉も見ごろを迎え、秋本番になってくる10月頃のひやおろしには「秋出し一番酒(あきだしいちばんざけ)」という表示がされるようになります。

ひやおろしのなかでも、味のノリが良く、香りとのバランスも抜群です。 まさに飲み頃なのがこの秋出し一番酒と言えます。

9月のひやおろしより熟成され、まろやかさと味の深みを増してるため、穏やかで落ち着いた香り、滑らかな口あたりが特徴です。

 

・晩秋旨酒

いよいよ11月頃、満を持して登場するのが「晩秋旨酒(ばんしゅううまざけ)」。

ひやおろしのなかでも円熟な味わいで、まさに大器晩成タイプです。

晩秋を迎え、旨みとまろやかさがさらに増した豊醇さ、濃密なとろみが特徴です。

 

こんなにひやおろしに種類があったなんて知りませんでしたね・・・!

コンプリートしてみたいものです。

飲み比べセットがある!

 

大雪渓 山の生一本 特別純米酒720ml×1本
阿櫻 超旨辛口 特別純米生詰め720ml×1本
丹澤の地酒 松みどり 純米吟醸 秋あがり×1本
如空 純米吟醸 秋あがり×1本

ひやおろしと秋上がりを飲み比べできる限定セット!

4本セットなので、ちょっとしたお呼ばれに1本持って行く用にするのもいいですね。

月を眺めながら気の合う友人とまったり飲み比べる・・・風流ですね~!

ひやおろし初心者さんにはコチラがおすすめ!

 

・厳選辛口(普通酒)
・越後吟醸(吟醸酒)
・越後純米(純米酒)
・芳醇(普通酒)
・冷や生(生酒)
・純水仕込み(特別本醸造)
 ※夏季限定商品

こちらのセットはひやおろしを含む、6本がセットになっています。

ひやおろし自体はじめて飲むという方は、通常の日本酒とどれくらい味が違うのか比べることができます。

夏季限定商品とかかれているのがひやおろしのことです。

こちらの飲み比べセットはぜいこみで3000円な上に送料も無料!

飲みきりサイズなのでフレッシュな味を堪能できるところもGOOD!

お酒って車で行かない限り持って帰るのが大変なのでネット注文が便利ですね。

ひやおろしとお供に

秋の味覚といえば秋刀魚ですよね。焼き魚はひやおろしとの相性抜群です!中でもやっぱり秋刀魚がいちばん!

今晩これが待っていると思うと仕事もなんなく終えられそうな美味しさですよ。

おでんとひやおろし!この季節、居酒屋でもおでんがメニューに登場し始めてテンションがあがりますよね。煮込み系の料理もそそられます。

9月の夏越しあたりのひやおろしはみぞれ酒にしても美味しいので、あったかいものと合わせるとなおGOODです。

お刺身もアリ!あとは風味の強い燻製系や炙り系も引き立ててくれそうです。

意外とチーズも合うので試してみてくださいね!定義のごとく、ひやおろしは熟成状態にある日本酒であることから、味わいが深いものになっています。

また、食欲の秋に登場するだけあって、かなりのグルメな日本酒になっています。

だからこそ、単体ではなく旨みがのっている秋の味覚と一緒に楽しむことで相乗効果を生み出してくれます。

普段、お酒を飲むときは食事をしないという人も、日本酒に合う料理と共にひやおろしを味わってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク